アドセンスとは?ブログ運営者が知っておくべき必須知識まとめ

google アドセンス とは

ブログ運営者として最低限知っておくべきGoogleアドセンスの基本的な知識をまとめます。

Googleアドセンスの導入を検討している方は是非とも参考にしてください!

Googleアドセンスの基本知識

Googleアドセンスの基本知識を6つご紹介します!

収益発生の流れ(1)

Googleで収益が発生する流れはカンタンです。ブログに貼りつけた広告を読者がクリックした時点で収益が発生します。

Googleアドセンスで収益が発生する流れはシンプルなですが、理解を深めるためにもう少し踏み込んでGoogleアドセンスについて説明したいと思います。

Googleアドセンスとは?(2)

Googleで検索すると、検索順位1位の記事より先に「広告」が表示されます。Googleは検索ユーザーにITサービスを提供していますが、広告会社でもあるのです。

Google検索は世界中で毎日50億回以上利用されていますから、検索される度に広告を表示するだけでも効果は絶大です。

日本ではテレビの視聴率1%は100万人分の視聴に相当します。50億の検索回数をそっくりそのまま視聴率に換算すれば、視聴率500%という驚異的な数字になります。

とはいえ、Googleの検索エンジンに視聴率そのままの効果はありません。なぜならば検索エンジンは数秒しか閲覧されないからです。検索ユーザーによっては、広告をすっ飛ばして検索結果だけにしか注意を払わない人もいます。

検索ユーザーに広告に注意を払ってもらい、広告をクリックしてもらわないとGoogleには1円の収益も入ってきません。そこでGoogleは、メディアに対して広告を提供する作戦を採用したというわけです。

Googleはきちんとしたコンテンツを提供しているメディア運営者と提携することで、読者に対して効果的に広告をアピールすることに成功したというわけです。

Googleだけでなく、ブログ運営者にとっても喜ばしいビジネス環境ですし、読者にとっても自然なカタチで広告が表示されるのは悪いことではないはずです。

つまりわたしたちは広告主としてGoogleの検索結果に広告を出稿することもできますし、メディア運営者としてGoogle経由で広告を配信することもできるのです。

AdWordsとAdSense

広告主としてGoogleとお付き合いするならば、「Google AdWords」(グーグル アドワーズ)という広告出稿のサービスを利用します。

一方でメディア運営者側の立場でGoogleとお付き合いする場合、「Google AdSense」(グーグル アドセンス)という広告配信のサービスを利用します。

「ブログで稼ぐ」方法論の多くは、Googleアドセンスを活用して稼ぐことを意味しています。つまりメディア運営者の一人として、広告主のために広告の露出を高める立場として活躍するわけです。

Googleアドセンスの特徴(3)

Googleアドセンスの特徴
  1. 広告は自動配信
  2. クリック報酬型
  3. セールス不要

広告は自動配信(3-1)

Googleアドセンスで配信される広告は自動配信されるのですが、広告が配信される詳しい仕組みは公開されていないのでよくわかっていません。

ブログで発信する情報に関係性の高い広告が配信されることもあれば(美容ブログに化粧品の広告)、読者の興味関心の高い広告が配信されることもあります。(検索履歴をもとに広告を配信)

クリック報酬型(3-2)

Googleアドセンスは、クリック報酬型の広告です。つまり読者が広告をクリックした時点で報酬が発生します。

しかし読者がクリックした直後に広告を閉じたりすれば、収益が発生しないこともあります。

1クリック1,000円以上の収益が発生したこともありますが、平均すれば1クリックあたり20円~40円の単価に落ち着くのが相場のようです。

セールス不要(3-3)

Googleアドセンスでは、クリックを誘導する行為は一切禁止されています。友人に「こっそり広告クリックしてね!」と依頼するのはもちろんですが、自分で広告をクリックする「自己クリック」も違反行為になります。

もし違反行為が発覚すれば、広告配信停止などの厳しいペナルティーを受ける可能性もあるので注意が必要です。

Googleアドセンスの注意点(4)

Googleアドセンスの注意点
  1. 読者数を増やす努力
  2. 他の広告と共存可能
  3. 規約を熟読すべし!

読者数を増やす努力(4-1)

Googleアドセンスの収益は、以下要素の掛け算で計算できます。

ブログの売上
  • アクセス数
  • クリック率
  • 単価 

Googleアドセンスでは、広告に誘導することはできませんから「クリック率」を高めることはできません。また広告「単価」を、Googleに働きかけて高くすることは「ほとんど」できません。

MEMO

メディア運営者側は、単価の低そうな広告を発見したらブロックしたり、目立つ位置に広告を配置することができますが、裏を返せばそれぐらいしか「単価」を上げるための対策はありません。

ようするに、Googleアドセンスの売り上げを着実に伸ばすためには「アクセス数」を伸ばすしかなく、それはつまり魅力的なコンテンツを投稿し続けるしかないことを意味しています。

他の広告と共存可能(4-2)

実はGoogle以外にも、クリック報酬型の広告配信サービスはあります。また後ほど紹介する成果報酬型のアフィリエイト広告も、ブログで稼ぐ重要な手立ての一つです。

成果報酬型の広告の場合、広告をクリックした読者が該当する商品・サービスを購入しないと報酬は発生しません。しかし報酬単価が1万円以上に設定されていることもあり魅力的です。

そのためメディア運営者のスキルが高くなるほど、「成果報酬型のアフィリエイト広告をメインの収益源にしよう。Googleアドセンスはサブ的な位置づけで利用しよう」と考えるケースがほとんどです。

AdSenseとアフィリ広告の共存は可能か?

「Googleアドセンスは他の広告と共存不可能」だというデマに惑わされる人がいますが真実ではありません。結論からいえば、Googleアドセンスと他社の広告は共存させても問題ありません。

規約を熟読すべし!(4-3)

GoogleアドセンスはGoogleにとってもメリットがあるメディアにしか提供されないサービスです。

少なくともブログ読者に広告をクリックしてもらえるメディアでないと、Googleにとって提携する意味などありません。

また損得勘定だけでなく、法律を違反するなどして広告主に著しい不利益を与えそうなメディアともGoogleは提携しないでしょう。

ちなみにGoogleは、規約に違反したメディアには契約解除を一方的に通告します。契約を解除された個人は、二度とGoogleアドセンスと契約ができない仕組みになっています。

個人でダメなら法人契約

Googleアドセンスとの個人契約が破棄された場合、Googleアドセンスと再契約したければ、Googleと法人契約するしか道は残されていません。

Googleアドセンスから一方的に契約を解除された時のショックは想像を絶しますから、うっかり規約違反をしてしまわないように、Googleアドセンスの規約には必ず目をとおしておきましょう。

参考 AdSense プログラム ポリシーAdSense ヘルプ

Googleアドセンスの収益額(5)

Googleアドセンスの収益額
  1. 1クリックの平均単価
  2. PV数と収益額の関係
  3. 10万円達成までの期間

1クリックの平均単価(5-1)

Googleアドセンスの1クリックあたりの平均単価は20円~40円といわれています。

商売人としては、顧客の平均単価は見過ごせない要素です。顧客の平均単価が10円なのか1万円なのかで、ビジネスのやり方が決まるからです。

Googleアドセンスの場合は、10円単位を積み重ねるビジネスですから、大きな金額を稼ぐためにはたくさんの読者を集める必要があります。

PV数とアクセス数の関係(5-2)

ブログのPV(ページビュー)数と収益額の関係は非常にシンプルです。1クリックあたり0.2円~0.4円に落ち着くことが多いです。

つまり月間10万円稼ぎたければ最低でも月間PV数25万以上のブログを構築しなければいけません。つまり1日当たり最低でも8,000PVのブログを構築しないと目標を達成することはできません。

10万円達成までの期間(5-3)

「アドセンスで10万円達成するまでの期間はどれくらい必要ですか?」と質問されることが多いのでお答えしておきます。

ユーザーの悩みを解決する記事を、1日3記事以上投稿する生活を3ヶ月継続すること」が一つの目安になります。

もちろん3ヶ月という期間も目安でしかありません。もっと早く達成する人もいれば、倍以上の時間が必要だった人もいます。

Googleアドセンスの審査(6)

Googleアドセンスを利用するためには審査に通過する必要があります。

審査の申請方法や、具体的な手続き方法は頻繁に変わります。しかし手続き自体は難しくないので心配する必要は一切ありません。

審査通過の一番のハードルは、「読者にとって有益なブログを構築すること」と「Googleの規定に遵守すること」の2つです。

とはいえ、この2つの基準は最低限の建前だと思っています。「プラスの加点がたくさんあるウェブサイトよりも、マイナス要素が少ないウェブサイト」のほうが審査は通過しやすいです。

例えば「稼ぐ系」のブログや、「芸能人のゴシップ」、「政治的な主張」を取り扱うようなブログは、審査に通過しずらいということは覚えておきましょう。(あくまで周囲の人間の経験談)

最後に

情報発信者がブログから得る収益源は「Googleアドセンス」だけではありません。少し視野を広げれば、ブログで稼ぐ方法など沢山あることがわかると思います。

ブログで稼ぐことに興味がある方は、是非とも以下の記事も参照してください!

ブログ 稼ぐブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う