アクセス・売上アップを実現するブログ記事の締め方とは?

記事 締め方

「記事の締め方がわからない!」と悩んでいる方は、まずは手を止めて「読者一人一人にメッセージを1つだけ伝えることができるとしたら何を訴えるか?」と考えてみることをおススメします。

100%自己満足を狙った雑記ブログでもない限り「読者に伝えたいこと」がきっとあるはずです。

例えば営利目的のブログなら「オファーにつながる何か」でしょうし、書評ブログなら「この本読んでみて!」でしょうし、旅ブログなら「Twitterでフォローしてね!」かもしれません。

ブログを訪問するだけでなく、最後までブログ記事を読んでくれた貴重な読者との付き合いを「次」につなげたい方は、是非とも本記事をチェックしてください!

ブログ記事の締めの重要性(1)

タイトル
  1. あなたのため
  2. 読者のため

あなたのため(1-1)

ブログへのアクセスはあるんだけど、読者の反応が良くないんだよねぇ」と悩むブログ運営者の多くは、わたしが「この記事の目的はなんですか?」と質問すれば、「は?目的?」という反応をします。

残念ながら、目的なく書いた記事が200、300と蓄積しているブログは「ゴミ屋敷」のようなものです。整理整頓するだけでも大変です。

わたしも過去に目的を意識せずに投稿した200記事規模のブログをすべて再構築した経験がありますが、まさに「苦行」でした。ブログの整理整頓を終えた時には、「ゼロからブログを構築したほうが早かったのではないか?」とすら思ったほどです。

「80%の完成度はあるかな?」と満足していた記事でも、目的を意識して再度眺めると「書き直さないとダメだなこりゃ」という気持ちになるから不思議なものです。

あなたにはわたしのような思いはして欲しくありません。ですからせめて、「何のためにブログをやっているのか?」という点はハッキリさせておくことをおススメします。

読者のため(1-2)

わたしがブログをはじめてしばらくした頃に、有料のアクセス解析を導入しました。そして結果をみて愕然としました。「最後まで読んでくれている読者が10%以下である事実」に気づいてしまったからです。(途中で離脱する読者を恨めしく思う一方で、最後までブログ記事を読んでくれた読者には感謝の一言でした。直接お会いして握手したかったぐらいです。)

ブログ運営者なら目を背けたくなる事実だと思いますが、検索順位が上位になりアクセスが集まっている記事ですら、「じっくりと最後まで読んでくれている読者はそれほど多くはない」のです。

あなたは、記事を完読する読者の割合を把握していますか?

ブログ運営も慣れてくると「今月の訪問者数は、10万UUぐらいかぁ~」といった具合に、ブログ読者の存在を数字でしか理解できなくなってしまいがちになる気持ちもわかるのですが、それではよろしくありません。

驚くべきことですが、、、、ブログへのアクセスを効率よく増やしたければ、ブログに訪問してくれた読者に1記事でも多くの記事を読んでもらった方がいいことは誰でもわかるはずなのに、真剣に対策している人は多くないのです。

その証拠に、多くのブログ運営者は特に何も考えないまま記事の最後に「オススメ記事一覧」を無機質に並べるという愚行を犯しています。

ブログ読者の気持ちになって考えてみれば、オススメ記事一覧が無機質に並べられているのを見てもモチベーションが上がらないことは理解できると思います。

ですから、ズバッと男らしく(女らしく)「この記事を読んでください!」と主張すべきなのです。

オファーの抵抗感を無くす方法(2)

「この記事を読んでください!」と主張することに抵抗感をもつ人がいますが、抵抗感の正体は「罪悪感」です。自らの利益のために読者を食い物にするという気持ちがどこかに隠れていないか疑ってみることをおススメします。

この得体の知れない抵抗感は、一日でも早く解消しなければいけません。なぜならば、得体の知れない抵抗感は「ブログなんかやっていて意味あるのかな?」という自暴自棄な気持ちの原因になるからです。

もし得体の知れない抵抗感を感じているのであれば、「もっと自分の気持ちに正直になる」ことをおススメします。

他人様に対して「本当は正しいとは思っていない主張」をしたり、「本当は素晴らしいなんて1mmも思っていない商品」をおススメしようとしていないでしょうか?

締めの典型的なパターン(3)

締めの典型的なパターン
  1. まとめ
  2. オススメ記事はコチラ!
  3. 公式情報はコチラ!
  4. プレゼントはコチラ!

まとめ(3-1)

「ざーっと」記事を斜め読みして、最後の「まとめ」だけをじっくり目を通すせっかちな読者もいますから、記事の最後で内容をまとめてあげるのも選択肢の一つです。

もちろん、記事の最後の「まとめ」を読んだ結果、「この記事は役に立ちそうだ!」と感じてもらえれば、再び記事の冒頭に戻り最後までじっくり読んでくれることも期待できます。

オススメ記事はコチラ(3-2)

営利目的の情報に誘導することに抵抗があるのであれば、おすすめ記事に誘導して信頼感を高めることをおススメします。

ガツンと一発強いインパクトを与えることが、距離を縮める一番効果的な方法ではありますが、その自信がなければ小さな信頼を一つずつ積み重ねることを狙いましょう。

公式情報はコチラ(3-3)

公式情報に誘導するのは定石の一つです。ただし、読者を公式情報に誘導する場合には、必ず読者の意識を「公式情報をチェックしたい!」というレベルにまで高める努力を怠らないようにしましょう!

プレゼントはコチラ!(3-4)

ブログ読者にプレゼントを提供すれば喜ばれる可能性が高まります。(もちろんプレゼントに価値を感じてもらうことが大前提ですが)

プレゼントの代わりにメールアドレスをゲットできれば、こちらのペースで情報を届けることが可能になりますから、是非とも挑戦してみましょう!

最後に

CTAというマーケティング用語をご存知でしょうか?

CTA(シィーティーエー)は”Call To Action”(コールトゥーアクション)の略です。特定の行動に読者を誘導することを意味します。

本記事を読んだ方であれば、すべての記事はCTAをハッキリさせてから執筆しなければいけないということを理解できたと思います。

記事の絞め方をハッキリさせたら、次に考えるべきは記事の構成です。どのような順序で読者に情報を伝えれば、CTAが効果的であるか検討する必要があります。記事の構成について詳しくは、以下の記事を参照してください!

ブログ 記事 構成ブログ記事の構成案~ガンガン集客したい方向け講座